セミナー・イベント スケジュール
NEW

地方の中小企業はこれからのロボット社会とどう向き合うべきなのか技術交流テクノフェア2022 記念講演会「人間ロボット共生社会の未来」

開催日時:2022年10月20日(木)
13:30~15:00

北陸技術交流テクノフェア2022」(Web展示:10月3日㈪~、リアル展示:10月20日㈭・21日㈮)の関連イベントとして、10月20日㈭に大阪大学教授の石黒浩氏による記念講演会を開催します。

ロボットやアバター(分身)技術を活用する機運が年々高まっています。本講演会は、将来的に訪れる人間とロボットとの共生社会に対し、地方の中小企業はどのように向き合うべきか、考える貴重な機会となります。ぜひご聴講ください。


内容

地方の中小企業はこれからのロボット社会とどう向き合うべきなのか———

 

人間とロボット・アバターが共生するこれからの社会の姿について、大阪・関西万博テーマプロデューサーも務める、ロボット研究の第一人者にご講演いただきます。

 

≪講師略歴≫1963年生まれ。

大阪大学基礎工学研究科博士課程修了。工学博士。京都大学情報学研究科助教授,大阪大学工学研究科教授を経て,2009年より大阪大学基礎工学研究科教授(大阪大学栄誉教授)。ATR石黒浩特別研究所客員所長(ATRフェロー)。社会で活動するロボットの実現を目指し、知的システムの基礎研究と応用研究に取り組んできた。これまでに人と関わるヒューマノイドやアンドロイド、自身のコピーロボットであるジェミノイドなど多数のロボットを開発。2011年に大阪文化賞受賞。2015年に文部科学大臣表彰受賞およびシェイク・ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム知識賞受賞。2020年に立石賞受賞。主な著書は「ロボットとは何か」(講談社現代新書 2009年11月)、「どうすれば「人」を創れるか」(新潮社 2011年4月)、「アンドロイドは人間になれるか」(文春新書 2015年12月)等。

 

石黒教授が開発した、本人そっくりのアンドロイド「ジェミノイド」。このロボットを自身の分身として実際に海外へと送り、遠隔操作で講演を行うことに成功しています。

 

※テクノフェア出展者技術情報の閲覧や記念講演会・オンラインセミナーへのお申込みには、Web登録が必要となります。

講師

大阪大学教授 ロボット学者 石黒 浩 氏


詳細情報

日時
2022年10月20日(木)
13:30~15:00
会場
福井県生活学習館(福井市下六条町14-1) *Web配信も予定
定員
300名
参加費
無料
詳細(チラシ)
お問合せ先
技術交流テクノフェア実行委員会事務局(福井商工会議所 まちづくり・産業振興課) TEL:0776-33-8252 E-mail:technofair[at]fcci.or.jp([at]は@に変換してください)

開催予定のセミナー・イベント future schedule

中小企業だって脱炭素対応、生産性向上を実現できる! ~楽しく競争力を向上するIoT活用術~
NEW
2022年10月14日(金)
13:30~14:30

北陸技術交流テクノフェア2022オンラインセミナー中小企業だって脱炭素対応、生産性向上を実現できる! ~楽しく競争力を向上するIoT活用術~

「北陸技術交流テクノフェア2022」(Web展示:10月3日㈪~、リアル展示:10月20日㈭・21日㈮)に先立ち、関連イベントとしてオンラインセミナーを開催しま …

くわしく見る
もう一つの身体を手に入れる。「分身ロボット」テクノロジー
NEW
2022年10月07日(金)
14:00~15:00

北陸技術交流テクノフェア2022オンラインセミナーもう一つの身体を手に入れる。「分身ロボット」テクノロジー

「北陸技術交流テクノフェア2022」(Web展示:10月3日㈪~、リアル展示:10月20日㈭・21日㈮)に先立ち、関連イベントとしてオンラインセミナーを開催しま …

くわしく見る