事業所情報

事業所
株式会社 大津屋
ITステージ
ステージ2
業種
小売業(コンビニ、惣菜等)
住所
福井市西木田
従業員数
300名
担当者
社長、プロジェクトチーム
ホームページ

課題・経緯

主力商品である惣菜の量り売りで、毎月新製品を投入。惣菜ごとの価格を覚えるのがスタッフにとって負担であり、その負担軽減を図る必要があった。


主な取組内容/相談先・コスト

AI 搭載カメラが、量りに置いた商品の種類を判別し、価格を瞬時に計算する「AI はかり」と、そのデータをレジに転送するシステムの開発・導入

相談先
㈱イシダ(京都府)⇒「AI はかり」データシステム㈱(福井県)⇒「レジシステム」
コスト
㈱イシダでの量りの販売価格は約300 万円。
※開発コストは非公開

得られた効果と苦労したこと

得られた効果

レジ業務の手間が短縮(従来の所要時間:15~30秒×品目数⇒レジ導入後の所要時間:1秒×品目数)。また、レジデータから販売戦略の構築が出来る仕組みを整えられた。

苦労したこと

商品登録などの事前の要件設定

その他のデジタル化事例集 other case

作業工程を「見える化」し蓄積したデータを活用、社内外に波及
製造管理

作業工程を「見える化」し蓄積したデータを活用、社内外に波及

業種/製造業
事業所名/株式会社 長田工業所
くわしく見る
バーコード管理によるミスや無駄の削減
製造管理

バーコード管理によるミスや無駄の削減

業種/製造業
事業所名/株式会社 北川
くわしく見る
クラウド上のデータ交換で往復時間を減らす
製造管理

クラウド上のデータ交換で往復時間を減らす

業種/建設業
事業所名/日光産業 株式会社
くわしく見る
システムを社内に浸透させ、粗利益率UP
バックオフィス

システムを社内に浸透させ、粗利益率UP

業種/サービス業
事業所名/株式会社 八木
くわしく見る